2013年05月29日

日にち薬

とある老若男女が楽しめる施設のキッズコーナーに『バランスボール』なるものが『爺や、お孫ちゃんと乗ったら?』と、手招きしてるように見えた。
3歳になるお孫ちゃんと同時に乗るってことはできんが、まぁ一人ならええかっこ出来るわ。。と勇躍乗って、サッと降りるはずが、あろうことか尾てい骨から落下した。

その衝撃たるや、尻から頭のてっぺんまでズドーン!と打ち抜かれた如く、固い床にふん伸びちまった。“もんどりうつ”ってのはあの事やね、しばらくは全く動けなかったもん。

さぁそれからっていうもの痛くて痛くて、咳は出来んわくしゃみなんて出来んわ、爆笑すりゃいたたたた・・・となり、こらアカンどうにかなってるかもしれんと、病院の門をくぐったら、『あぁ折れてますね、でもこの場所は手の施しようがないとこだわ、まぁ日にち薬しかないのでゆっくりしときなはれ』 なんと簡単に言うんだこの医者は?と思ったが、仕方ない。痛み止めと胃薬だけ貰って帰った。

事故から3週間。この日にち薬ってヤツは、案外効きますな、日常生活には差し支えないぐらいに治ってはきたが、長らくクルマの運転してるとケツの場所をごそごそ変えなくちゃちょいと痛む。
しかし、五十代も半ばになると骨が脆くなるのかな?いとも簡単に折れるとはねぇ。

写真はトンビの餌付けにトライ中の娘婿。この時はキャッキャ言って遊んでたのに・・・。

0506001.JPG

posted by じぇいすむ at 06:34| 京都 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

じぇいすむの「ぶはぁ〜」

0512003.JPG


あちらの【北近畿タンゴ鉄道写真館】の神崎好男と、こちら【じぇいすむのつぶやき】のじぇいすむ。使い分けって言うか、二人の人間の役をやるのが楽しかったりする。
神崎好男はコテコテの鉄ちゃん。一方でじぇいすむはカメラ片手のお気軽おっさん。

そんなお気軽おっさんは、このほどマクロレンズを入手した訳だ。
これまでから欲しいなって言うのはあったんだけど、ついいつでもいいや・・・と延び延びになってたのを、先日「えいやっ!」と、清水の舞台から飛び降りちまったから、どうしようもない。
しかしそこから「アナタの知らない世界」が待ってた。ようするにマクロレンズってのは接写できるレンズな訳で、先日もつつじの咲き誇る植え込みに、ずんずん寄っていくもんだから、その施設の当直と思われる方が遠巻きに「なにしてるんだ?あのおっさんは・・・」感バリバリに見てた(笑)

しかし、これがまた超シビアな撮影だったりする。ピントの合う距離ってのが数ミリ単位な事もしばしばで、息を殺してそっとシャッターを・・・てな塩梅。撮り終わるとぶはぁ〜となるのね。
でも「良いのが撮れたじゃん!」ってのがあったりするんで止められない。おそらくこれからは列車撮影の合間にこのマクロレンズをカメラバッグに忍ばせておいて、撮っては「ぶはぁ〜」ってやってるのだろうと思う(笑)

0512002.JPG




posted by じぇいすむ at 09:47| 京都 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。