2016年06月21日

鳥取県の山奥の集落を訪ねた。

以前に旅雑誌で、ココ「板井原集落」の記事が書かれてた。集落の中の道は六尺道(約1.8mぐらいか?)しかないとか、トンネルが開通する前までは超さみしい林道しかなく、昔は落武者の集落だったとか、それはそれは興味を惹くように書かれてたもんだから、機会があれば行ってみたいって思ってた。

DSC02141.JPG


数年前にはテレビがココの集落を取り上げて、その影響かどっと観光客が押し寄せたそうな。何人の方がココで生活されてるのかは知る由もないけど、そこの長老はひどく迷惑されてたらしい・・・そんなことも見たこともあったけど、とにかく先日思いが叶って行く事ができた。

麓の智頭町から林道のような険しい道を登ること数キロ。視界も開けないまま(こんなところに人が生活してるのか?)の思いがあったが、やがて集落入口へと。
今なお、集落にはクルマが入ったことがないソコは、ちょっと行けばコンビニにぶち当たる程の恵まれた環境に暮らす我々の想像をはるかに超えた別世界が広がってた。

DSC02143.JPG


DSC02144.JPG


大変に失礼な話だけど、熊とタヌキ、それに鹿とキツネ、今の時期ならホタルもかな?そこら辺と共存してると言っても過言ではないその集落に喫茶店があった!

DSC02156.JPG


DSC02150.JPG


DSC02146.JPG


おそらく何年か前までは人も住んでたと思われるその古民家を改装しての喫茶店は、携帯は繋がったものの現生と隔離するほどの勢いの佇まいだった。

ココの主(女性、歳の頃なら3〜40代)は通勤してるんだろうか?いや、この場所に住まわれてるんだろうか?いろんな想いが渦巻いたけども、日も暮れてきそうなので帰路に就いた。
また行ってみたいなぁってのもあるけども、おいそれと行ける距離ではないし、多分行かない。

ちなみにワタシの拙い記事よりも、分かりやすいところはコチラ
posted by じぇいすむ at 18:34| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

顔は口ほどにものをいう(ちょいと違!)

顔色を失う…とか、体が不調の時には顔色が悪い…なんて、とかく「顔色」は具合悪い時に使われたりするけど、まぁこのお嬢さん(言い方がオヤジだわ)なんて、天真爛漫、血色もよく、顔色なんてなんの問題もないですね、それもそのはず、自ら志願してのアテンダント!仕事してても楽しいんだろうなぁ。

DSC02024.JPG


一方で東京の、いや日本の顔とも言うべき「とある知事さん」の顔はどうだ!
お辞めになったみたいだけど、ここ数か月のメディアに登場の顔ったら。。知事になった当時は普通の優しそうなおっさんだったのが、だんだんとイヤな顔に見えてくるから不思議なもんだ。
テレビや新聞に書いてあることだけを鵜呑みにして書いてるんで、本人の心中まではサッパリわからんけども、しかしながら「あの顔」見てると悪さをしてるのも頷けるような気がしてくるな。

次の知事さんは誰が就任されるのかわからんけれども、どうか「晴れ晴れとした顔」で、任期満了まで頑張ってほしいもんだと願うのは私だけじゃありますまい。



posted by じぇいすむ at 19:10| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

悩まし気な車が入庫した

社会人一年目から車屋勤務だったりするもんで、今もなおクルマが好きで仕方ない。
とは言うものの、高いクルマなんぞは買う気もないので(買えないってのが実際だけど)、足代わりのクルマをちょいと個性的に弄ったりして楽しんでる。これならさほどお金もかからんしね。

現在乗ってるクルマだってごく普通のライトバン。それをちょいと車高は落とすわ、大き目のアルミホイルは奢るわ、でもさりげなくってのを目指しながら楽しんでるのね。
学生服の裏側に刺繍が入ってたりするのと同様に、自分自身で楽しむって感じかな?見る人が見れば分かる!ってのが丁度いいなと思いながら。。

これがまた、ある程度仕上がってくると、それはそれで置いといて別のクルマを弄りたくなるから始末が悪いのだ。実際に以前は軽トラなんぞに手を伸ばし、それほど弄らず満足して乗ってたんだけど、息子が「軽トラ良いな、お父さん2台あっても仕方ないし、ちょうだい🎵」てなこと言いだし、まぁそれもそうやなと譲ってしまった。
その後は、その軽トラも修理不可能な個所がイカレたりで再び気に入って使ってたクルマが息子のところへ行ってしまった。

今は少々マニアックなライトバンだけなんだけど、やっぱりもう一台欲しい、それを自分好みに仕上げたいってのがあり、辺りを気にすることなく、でもアンテナを張り巡らせてると…。

securedownload002.jpg


高所作業車という、ほとんど聞き慣れないと思うんだけど、例えば街灯の電灯交換とか掃除とか、ここら辺のあんまり高くないビルの窓掃除とかに使うんだけど、そんな車が入庫した。
高さ10ⅿを超えるものはキチンとした資格が要ったりするんだけど、今回入庫のそれは軽トラックに申し訳程度の機器を押し込んだ、わずか4m程度の高所作業車なんだわ。

securedownload1.jpg


それでも目一杯伸ばしてみたら、目眩がしそうなほどの高さと、フワフワ揺れる感覚に「これで十分じゃん!」なんて思ったりする。実際に4ⅿの高さの上に乗り、短いけれども身長を足して想像してみてください。顔が引きつってるのが想像いただけるかと(笑)

でもそれがお手頃価格なんだわ。えいや!と飛び降りる時の格言?に使われる「清水の舞台から飛び降りる」よりも低い高さだし、かねてより軽トラとか軽の箱バンとかが良いなぁって思ってる爺やの心をつかんで離さないのだ。

普段は軽トラ、しかも4WDで雪道とか鬼に金棒、今なら狭い道でもすいすいだし、例えば沿線へ撮影ってときでもそこまでの足、いざとなれば地上4ⅿの目くるめく世界。。。なんてのを考えてしまうのは、すっかりこのクルマの虜になってるんでしょうか?

posted by じぇいすむ at 18:52| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

仕事だけど九州へ

ひょんなことから友達が多くいる九州は熊本だけど、「遠くて近い」のか、「近いようで遠い」のかよく分からんが、とにかくおいそれと行けないのだわ。
それでも5月の最終日、佐賀県の鳥栖だけどオークション会場への引き取り仕事があった(嬉)

securedownload2.jpg


新幹線でびゃん!と行って、落札したクルマを持ち帰るといった仕事だけども、予定が決まった瞬間から「これは誰にも渡せん仕事だ!」と、鼻息荒いおっさんはこのワタシ(笑)

securedownload.jpg


狭い日本、そんなに急いでどこへ行く。。とか、日本は狭い島国…なんて言ったヤツは何処のどいつだ!って思えるほどに大きな国ってことを実感しましたよ。とにかく遠いわ(-_-)

securedownload3.jpg


それでも、何はともあれ目的地へ到着。不慣れな土地での業務に右往左往したけど、なんとか搬出もできてあとは帰るだけ。エンジンオイルよし!冷却水よし!タイヤ残り溝よし!じゃないよ、つるんつるんだよ、帰れるんだろうか?数年前の九州道でのタイヤバーストが頭をよぎったけど、結果は帰れました。

熊本へ遊びに行きたかったのはあるんだけども、先日の地震でしょ? 却って邪魔になるだろうなぁと遠慮しましたよ、しかもド平日ってのもあって佐賀から南下せずにひたすら東へ。

やがて九州と本州の境目、関門海峡が見えてくる。年一回ぐらいの割合であちら方面へ行ったりするんだけど、何度見ても「どえらい橋を作ったもんだな」と思える関門橋はコチラ。

securedownload4.jpg


今は熊本もバタバタかもしれんけど、次回九州へお邪魔する時には必ずや、その熊本へ足を延ばしたいと思う今日この頃。できればクルマで行って、帰りが新幹線がベストやねww

posted by じぇいすむ at 19:58| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。