2016年06月17日

顔は口ほどにものをいう(ちょいと違!)

顔色を失う…とか、体が不調の時には顔色が悪い…なんて、とかく「顔色」は具合悪い時に使われたりするけど、まぁこのお嬢さん(言い方がオヤジだわ)なんて、天真爛漫、血色もよく、顔色なんてなんの問題もないですね、それもそのはず、自ら志願してのアテンダント!仕事してても楽しいんだろうなぁ。

DSC02024.JPG


一方で東京の、いや日本の顔とも言うべき「とある知事さん」の顔はどうだ!
お辞めになったみたいだけど、ここ数か月のメディアに登場の顔ったら。。知事になった当時は普通の優しそうなおっさんだったのが、だんだんとイヤな顔に見えてくるから不思議なもんだ。
テレビや新聞に書いてあることだけを鵜呑みにして書いてるんで、本人の心中まではサッパリわからんけども、しかしながら「あの顔」見てると悪さをしてるのも頷けるような気がしてくるな。

次の知事さんは誰が就任されるのかわからんけれども、どうか「晴れ晴れとした顔」で、任期満了まで頑張ってほしいもんだと願うのは私だけじゃありますまい。



posted by じぇいすむ at 19:10| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。