2012年04月16日

サクラなんて・・・サクラなんて・・・。

0415010.JPG


ほんの何気ない会話で事件は起こった。とある居酒屋でマスターと客の会話だ。

マスター「夜桜見物にちょうどいい時期だなぁ、でも店もあるし」
ちょうど来店の常連さん、「サクラの枝を取ってこようか?」
マスター「ほんまやな、店にサクラがあると季節感もあっていいじゃん」

数日経った時、件の客はマスターとの“約束”を思い出した。
しかも何処かしこでサクラは満開。一本の枝振りのいい、満開のサクラの枝をつい折ってしまったから事は大きく動き出す。
警ら中のパトカーが、この客が枝を折るのを見てたのだ。なんでも松茸と筍、それにサクラは折ったり採ったりすると結構な罪になるとか。
パトカーに乗せられても「すいません、自分で楽しもうと折ってしまいました」となれば始末書で帰れるらしいが、このお客、あろうことか「〇〇のマスターに頼まれて・・・」と言い出したから交通課では済まされなくなってきて生活安全課とか刑事課までもが動き出す騒ぎになったそう。

さて、なにも知らないマスターは、人に頼んでサクラを採って来いの悪者になり、警察署へ“連行されて”の大事件に発展。冒頭の会話があったものの全く頼んだ覚えのないマスターは知らぬ存ぜぬを押し通したが、当事者が頼まれたと言ってる以上はやっぱり“頼んだ”ほうが罪が重くなるそう。
結果、12時間もの“拘束”で、双方の意見の食い違いは無事立証され、無罪放免となったらしいが、その後はマスターも「サクラの話はせんでくれ!」と、たいそうご立腹だった。

結局してもない約束を“律儀”に実行した常連客が招いた今回の事件、サクラには手は出さず、目で楽しむだけにしておいたほうが良いってことで。
ん?手は出さず目で楽しむ・・・。サクラと女性は同じだなこりゃ(笑)



posted by じぇいすむ at 08:50| 京都 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

爺バカ炸裂

IMG_3878.JPG


カメラを向けられると「ピース」がお決まりのうちの嫁さん。思い起こせば娘も同様に「ピース」じゃなかったような気もしたが、お決まりのポーズがあった。
嫁さんからすると、孫。この子も誰に教えられたのかお決まりの「ピース」だったりする。
なんのこっちゃない、親子3代でお決まりのポーズがあるのが可笑しくてしかたない。

可笑しくて仕方ない反面、可愛くて仕方ない写真のお孫ちゃんも、春から保育園に通いだした。
まぁこの子は3歳になったので、少々のことは安心してるけど、その下1歳半の子も一緒に行ってるから、爺やは心配でならん。案の定毎日泣きわめいてるらしいが、そのうち慣れるのかな?

なんでも家計が苦しく、ワタシも働かなくちゃ!と娘もなにやら勤めにでるそうな。
遠くから見守るだけで、なんの援助もしてやれんのが時に歯痒かったりするが、苦労するのも今のうち。子供も大きくなったら楽するときも来るってことでご勘弁を。
爺やを見てごらん、今は子育ても終わらせてもらって遊び呆けてるじゃん、アホみたいに早く起きて撮影だ、やれサクラだ列車だと。

しかも我が孫とダブらせて他所さんも子供まで撮ってるし。これ位の年齢の子供見たら、「あ〜、ウチの孫もこうして通ってるのかなぁ」って思わず撮ってしまう爺やは間違いなく「爺バカ」です。

0409005.JPG



posted by じぇいすむ at 07:08| 京都 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

撮りも乗りもやっぱり宮津

0404007.JPG


ワタシの住む舞鶴も海に面し、近海の魚介類は豊富なんだけど、なぜかしら訪れてしまう宮津も、舞鶴に負けじと魚介類の宝庫。
とりわけ、ココで何度も登場の宮津駅前“とんだや”は、もちろん大衆食堂として色んなメニューを掲げてはいるものの、基本的に魚介類がメインで、しかもリーズナブルなお店。

実は先日のカレー焼も宮津駅前なのだ。
他にも駅前にはプレハブではあるけど、海鮮類をメインのお店もオープンしてたり、近所には焼肉屋や焼き鳥屋もあったりして、さながら“グルメディア宮津”の様相だったりする。
地元に目を向けて、果たして舞鶴もそれほどの店が林立してたかな?と考えるに、少ないように思えるのだが・・・。しかも少々背伸びしたようなお店があったりで、宮津のように大衆向けってのがあまり無いように思ったりするぞ。

このメニューの“鰯のお造り”だって、舞鶴で食せばもっともっと小さい貧相な鰯だった。
まぁその店その店のやり方とかもあろうと思われるので、気に入らなければ行かなきゃいいし、アルコールも入るのでKTRでひょいと宮津まで行くのが性にあってるかな?

月に数回なら飽きることもないだろうし、やっぱり宮津通いになるんだろうなぁ。

ちなみにこの日のビールのアテの二品目は“蒸しアマダイ”。しろアマダイとあかアマダイがあるそうだけど、これはどっちか分からん。間違いなく安いほうだろうけど。
0404009.JPG


続きましては〆の一品。この日の日替わり定食は“煮魚”でした。まぁどんだけ魚なんだ?
0404010.JPG


これに生ビール3杯。これがこの日のランチでした。ビール付きランチて(笑)




posted by じぇいすむ at 09:24| 京都 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

超久しぶりのカレー焼は、果たして食したのか否か

0404006.JPG


いつ来ても開いてないお店に「あかふく」ってのがある。
宮津駅前に位置してて、古くは学生さんたちがたむろしてた店なんだけど。
ココ最近はご主人の体調が思わしくないとかで、店の切り盛りと看病の両立が出来なかったと聞いたけど、何はともあれ4日は開いてた。
もっとも、午前11時ごろにお店を覗いたんだけど、その時点でお客さんはいっぱい。ワタシがもちろん「カレー焼」を注文して待ってる間にも次から次に。

しかしこのカレー焼、ほかにも餡とクリームがあるんだけど、訪れる客はほとんどがカレー焼。
なぜにコレほどまでに庶民の心を奪って離さないか、もちろん先述の「餡とクリーム」もそうなんだろうけど、味の一つの「おばちゃんの話術」に寄る所が多いなって思った。
「NHKに出してもらった」とか、「やっと開いてたと聞くと嬉しいねぇ」など。とにかく口が止まらないんだ。「カレーも無くなったから店を閉めようとおもっても、外にお客さんの姿を発見すると嬉しくて話してしまうの」とも仰ってたが、なにより人と触れ合ってるのが好きなんだろう。
コチラも嬉しくなって「写真撮らせてもらって構いませんか?」と声を掛けると、「なんぼでも撮って。でもこれまで撮られたけど、一枚も誰も持ってこないわ」と、時に毒舌も吐きながらカレー焼を作る手は止まらない。

嬉し恥ずかし、このカレー焼、久しぶりに買えた為か、あそことココへお土産に・・・と考えてたら嫁さんにはおろか、自身の口にも入らずだったことは誰にもナイショ(笑)
posted by じぇいすむ at 08:38| 京都 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

白浜でパンダを見てきましてん

KC3G0531[1].jpg


片言で「爺じとパンダ見る〜」と言ってたお孫ちゃんとの約束が果たせた瞬間。
いやぁよく遊びました、楽しめました今回の「白浜家族ツアー」 天気も良かったしね。

今回は次男坊が行程表を作ってくれましてね、朝は〇〇に出発、お姉とこへは〇〇時に着く。
何処そこで高速を降り、ガイドブックに載ってる有名中華そば屋で昼食、〇〇時に再び高速に乗り、白浜へは〇〇時に到着、途中のトイレ休憩まで書き加えた立派な行程表。
なんとドンピシャリの時間に白浜へ到着しましてね、書いた本人が「気持ち悪〜」って言ってたぐらいに行程表通り。
途中、大阪から乗り込んできた長女に「アンタ、今の仕事やめて添乗員になったら?」って言われてまんざらでもないような顔してましたが、いやほんとオンタイム。

しかし、何が良かったって、普段は苦虫つぶしてるような次男坊が、久しぶりに会う兄弟共々弾けるような笑顔だったのが何よりですね。
温泉のお湯には浸かりましたが、家族水入らずで過ごせた二日間は夢のような時間(笑)

独りでぷら〜っと行く旅も捨てがたい魅力もありますが、こうしてわいわい賑やかなのも全然ありだなって思った今回の白浜行き、お孫ちゃんの心にも響いたかな?覚えてるかな?



posted by じぇいすむ at 16:33| 京都 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

田舎が育む人の性格

KC3G0514[1].jpg


平成元年生まれって言うから、今年で24歳になるその彼女は、舞鶴のはずれの方、福井県との県境の小さな漁村で産声を上げたそうな。
地元の小学校も中学校も歩いて結構な距離を通学してたようだが、高校卒業後は舞鶴の市街地で独り暮らしを始めた。家がイヤってことじゃなく、なにかと便利な場所で暮らしたかったそう。

お酒も提供する店でバイトも始め、その可愛らしい風貌も相まってすっかり人気者になるけども、まだ働きたいと、昼間のバイトも始めた。何でそう働くの?

元々客扱いに慣れてたのか、人が好きだったのか分からんが、昨年これまでの店から独立する格好で新規オープンにこぎつけた。もっともオーナーは今までと変わらんので、出店のママって感じかな?

さてさて、ココまで読み進むと「なんだい、普通にお水じゃん」と思われるかもだ。
なるほどそうした見方もあろうが、本人さんは決してスレてなく、いたって普通のお嬢さん。
真面目で勤務状態も良好。先日もワタシがちょいと飲みに行った時、若いバイトの対応が今ひとつだったので、その彼女に言った。「ありゃアカンよ、かくかくしかじか・・・」てな事言ったら「お客さんから言われた方が効くんで、ドンドン言ってやってください」
バイトに対しても店に来るお客さんに対しても、常に目配り気配りが出来る、若いながらも経営者の気持ちのその娘には、先日どーんっと高いクルマをご購入いただきました♪

あっさりとした性格で、人に対して気を遣う事も、ン百万もの大金をポン!と出すその心意気も、恐らく生まれ育った環境に寄るところが多いぞって思う今日この頃。
良し悪しは別にして、小さな漁村、そんなところでの老後も良いかもしれないなぁ。
posted by じぇいすむ at 12:43| 京都 ☀| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

スマホVSパカパカ

IMG_7502.JPG


田舎au、都会ソフバンなんてこと言われてますが、皆さんはスマホ派なのかな?
まぁ各携帯電話会社もどんどん新機種出してきてるし、勢いはスマホなんだろうな。

今までから通話が出来てメール送受信できりゃなんだって構わん!のノリだったのが、
先日「facebook」に登録しましてね、これがまた使えないんですよ、今の携帯じゃ。
周りを見てもサッと画面をなぞるスマホ全盛、やっぱり欲しくなっちゃいますよね。

facebookも読み書きできる優れもの、今まで以上に仕事しなくなりそうで恐ろしいですが(笑)、やっぱり乗換えかなぁ。アイポン持とうとすればいくらかかるのかな?
今使ってるauの機種をスマホるって手もあるけど、ホンマもんのiPhoneだってねぇ。今までの携帯は電話として使って(電話に間違いないが:笑)、ネットはiPhoneで。

てか、電話番号一緒で機種変できるし、ソフバンになるのかなぁ・・・。どないするべ?
posted by じぇいすむ at 11:48| 京都 ☁| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

恥ずかしいが快感に変わるとき

2_large.jpg


KTRを専門に、列車やその周辺機器などを撮って楽しんでるのはご存知の通り。
アテンダントを含む乗客の方々も格好の被写体だったりするが、自分のは恥ずかしい。

と思ってたけど、最近同行の貴兄がバンバカ撮るもんで、ちょっと良いかな?とも(変態)

元々人物撮りが得ててるそのお方、高性能レンズと相まってなんともキレイな作品を撮られる。こちらは恐縮して被写体はワシでもええのん?ぐらいに感じるのだが(笑)
この写真以外にも真横からレンズを覗くワタシを撮ったのがあるのだが、シミそばかすどんとこい!だったり、少々無精ひげだ写ってたりと、見るも無残な作品だ。
いや、めっちゃキレイに写ってるから逆に始末に終えないって言うのが正解かな?

ええ歳こいたおっさんがヘラヘラ笑ってる写真もどうかと思うが、苦虫つぶしてるのもアリだし、この先どんどん撮ってね。。って、やっぱり変態の域なんだろうか(爆)





posted by じぇいすむ at 09:07| 京都 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

安物買いの銭失い

P1020899.JPG


中古車屋を生業にしてると中古パーツなども全然平気で使えますね、中古ドンとこい!
中古部品もそうですし、純正部品に負けず劣らずの「社外部品」だって設ける一つの手段。

とくに保険請求だと、〇〇円で協定しますやん?金額が決まればこっちのもん、先述の中古部品に社外部品、とにかく安く上げてがっぽり儲ける。これ車屋の常套手段(笑)
そんな姑息(?)な手段が身に付いてるワタシ、社外品にもなんの抵抗もなく、むしろ「安くて良いじゃん」のノリで購入して失敗した商品がある。

写真の「バッテリーグリップ」がそれだ。普通にカメラを構える時にはバッテリーが2個装填できて長持ちの優れもの。一方でクルリと横に向けたときにもシャッターや各種ダイヤルも付いてて縦撮りも問題なくできて重宝するモノ。なによりデカイ重いレンズ付けたときに安定するバランスのいい代物なのだ。

カメラ本体のみの購入だったのだが、やっぱり欲しくなるのはバッテリーグリップ。
ある日ヤフオク見てると、格安で出てるじゃない。こりゃ良いぞ、なになに?純正じゃありませんだ?構わん構わん、社外品どんとこいのこのワタシ、迷うことなくクリック!
いやぁ結果から言えば失敗、似てるの形だけ(爆) ダイヤルは固くて回し難いわ、縦横切り替えスイッチ作動させても動かないときはあるは、もう最悪。

先日も「アカンと分かっていながら」線路際、ココで一発設定変えて・・・って動かへん、設定変えれへん・・・。哀れ列車ははるか彼方へ(号泣)
「安物買いの銭失い」この格言は生きてますね、分かってるようで分かってなかったワタシは、とほほと嘆きつつ純正を探すのであった。ちなみにまだ付いてますよバランスってだけで。




posted by じぇいすむ at 08:02| 京都 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

ちょいと聞いとくれ

1223006.JPG


大阪に暮らすウチの娘なんですけどね、10代の頃にプイっと出てったのよ。
決して放浪癖がある訳じゃなく、かといって家にべったり居るって事でもなく。
まぁその頃から自由奔放にさせてたし、まぁそのうち戻ってくるんじゃ?のノリ。

ところが一向に戻ってこない、帰ってこないのだわ。
定職って訳でもないが、独りで生活するにはやっぱりバイトと、働くのは億劫じゃなかったようで、仕事はキチンとしてたようなので、それほど心配はしてなかったが。
まぁメール等で連絡は取り合ってたし、なによりウチの娘、信用してるし信頼してるし。

時は流れていわゆる“お年頃”になった頃、彼氏を伴って、これまたふらりと戻ってきた。
あっけらかん!とした性格だったこともあり、付き合ってる事やどういう彼氏だって事など、その手の情報もあっけらかんと話してくれたが、嗚呼もうそんな歳なのね・・・と、嬉しくもあり、いよいよ離れていくのか・・・と、一抹の寂しさもあった。これまでも離れてたにも係わらず。

長男のそれの時とはまた違う号泣の結婚式を経て、やがて懐妊。仕事が速い!(笑)
長女「蒼音」(あおね)、次女「杏里」(あんり)と爺やを歓喜の渦に巻き込みながら矢継ぎ早に二人のお孫ちゃんを見せてくれた。
ちなみに蒼音、A-ONEと書いて世界に一つだけの存在って意味らしい。爺やは分からん!
おなじく杏里、only oneをもじって杏里らしい。ココらへんは分かる(笑)

先日も旦那共々もちろんお子達ともども信州あたりへ遊びに行ってるようだが大丈夫?
春の家族揃って大移動、白浜行きもホンマに行くのかい? と、やたら「?」が付いて心配してる様子に、文字通り「?」でしょうけど、実はコレが三人目ご懐妊なんですよ!

もうね、今から「何処で産むの?帰ってくるの?賑やかくなるなるじゃないか!ぃやっほ〜い♪」と、狂喜乱舞。そら男の子に越したことはないんだろうけど、こうなりゃどっちだって!
予定日はまだ分からんがとりあえずは秋。夏ごろに怪獣二匹(笑)と帰ってきます。
産みの苦しみはあろうと思うが、爺やと婆やは怪獣と一緒が苦しみです(嘘つけっ!)

いつもながら写真はまったく本文と関係なし。
じゃぁ載せるな!ですが、写真なしは書きにくくてね。ちなみに3人目って事で3両編成(爆)

posted by じぇいすむ at 08:13| 京都 ☀| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

冬の天橋立

0129014.JPG


なんでも沿岸部は海からの風で降雪量は少ないってことですが、山間部から比べて少ないってだけで、ココ日本三景“天橋立”は充分は積雪量。松の木も折れたとか。
我々地元民からすると、天下の景勝“天橋立”も、何時でも行けるとあって、敢えて行ったりしないもんだが、ココは一つ冬景色の天橋立も良かろうと、ちょいと行ってきた。

ほんのちょいと行っただけだし、撮るのが目的でもないんで写真は数枚ですけども・・・。

0129015.JPG


この橋を渡ってからが白砂青松の天橋立の始まり。対岸まで約3.6km、松の本数8千本もの松並木が皆様の来丹をお待ちしております。
ちなみに左が阿蘇海、右が宮津湾になっており、水路はこの橋の下しかありません。
阿蘇海にはなにやら工場もあって、そこへの船便もあり、また観光汽船なども通ることから、この橋は回転するんですよ。大きな船が通る際に両岸の一部を残して中央部分がぐるりと。
その時まで待とうと思いましたが、寒くなってくるわ、いつ通るか分からんわで、すたこら引き上げてきましたよ。何度か通うとそのうち撮れるんじゃないのかな?

さて、何度か通っても口に入らない食べ物もあったりするんですよ。ホンマのこと言うと「カレー焼き」を求めて宮津へ行ったんです。でも開いてなくて仕方なく天橋立へと。
いつだったか宮津へ行こうとしたら嫁さんが「カレー焼き買ってきて」てなこと言うもんで、合点だ!一個100円程度、10本ぐらい買ってくらぁなっ!と息巻いて来たもののその日も休み。
ちぇ、なんだいなんだい、いつ開いてるんだ?聞けば日曜日が休みらしい。じゃぁ今日は開いてるんじゃ?と期待して来たものの、やっぱり今日も「本日休業」・・・・・あらまぁ。

買えない口に入らないとなると、俄然食べたくなるってもんですな、何時かは叶うかな?

0129013.JPG



posted by じぇいすむ at 00:11| 京都 ☁| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

オフ会・・・・かな?

mixiやtwitterと思ったらFacebookまで。もうなにがなんやらさっぱり??ですわ。
いや、mixiは読み書きしてます、twitterは最近はさっぱりですけども。

一体いくつの交流サイトがあるんでしょうね、すっかりネット時代ですねぇ。。
しかしながらそうしたネットじゃなく、ご本人に出会うってのもまた良いもんですね。

先日もね、KTR絡みで交流会があったんですよ。撮るものと応援するもの、まぁワタシの場合どちらもですけども。写真好き鉄好き、仕事とは言え応援する人たち。
そんな熱血漢ばかりの交流は、少々の寒いギャグも暖かくなったりしてねぇ(笑)

やはりどんな時代でも顔見て話すが一番じゃないのかなぁ。廻る寿司よりもカウンター越しにオヤジと話しながら食う。もっとも滅多に行けませんが、高級寿司店は。


posted by じぇいすむ at 07:32| 京都 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

今度は白浜ですって、奥さん!

年末のクソ寒い日に「湯快リゾート」で下呂温泉へ行ったばかりなのに、今度は白浜!
こんなに旅行好きだったかな?ウチの嫁さんは。。まぁ行きゃ行ったで楽しむほうなんで構わんが。
なんでも息子&娘夫婦も連れてくらしい、もちろんワタシも連れてって貰わなけりゃアカンが、総勢11人もの大所帯、クルマの運転誰がするんだ?大型免許ねぇよ!10人乗りでまかなえるかな?小さい幼児が多いし。

さてさて、行き先が決まったら日程だ。小学生も居るこっちゃし、春休みになってから。
「ネットで予約して〜な」てなこと言うのでキーボードを叩く叩く。ん?どれどれ、ここら辺の日程は満室じゃん!やっぱり春休みってことで家族旅行が多いのかな?

あらまぁ満室なん?予約専用ダイヤル電話してみるわ。。ってネット関係ねぇじゃん(笑)

結果は電話であれこれ話して、3部屋押さえることが出来ました。(ネットで見たのはなんだったんだろう) 3月下旬は白浜ですよ!今から舞い上がってますよ、ウチの嫁はん。
posted by じぇいすむ at 17:38| 京都 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

疲れましたよ、こんばんは

1225001.JPG


この写真を撮ったときもご覧のようにホワイトアウト状態でしたが、先日から今日にかけてもそれはもうハンパない降りようで、会社の前の道路も大渋滞!
道行く人も「自然現象なんでしかたない」と諦めムード。そんなときは妙な連帯感が生まれ、知らない人でも話せるんです、不思議な感じだけども。

国道も終日ノロノロ運転なので、歩いた方が早いとけっこうな人が歩いておられます。
ザックザックと除雪の傍ら、その道行く人が話しかけます、「こんな雪は何年ぶりかなぁ、ココに暮らして35年になるが、何回かあったけど、今年はハンパじゃないなぁ」
なんといっても北向きの我が社、溶けないんですよ、お陰で毎日その労働時間を除雪に当てて、本来の仕事がサッパリ捗らん!

今から大雪警報が出てるみたいなんで、小さい子供さんを抱える事務員さんも出勤しないだろうなぁ、ってことは明日も出勤したら終日除雪なのか?

今週は定休日も取れなかったし、そろそろ限界。キュッと飲んで早めに寝ますかな。
posted by じぇいすむ at 20:57| 京都 ☀| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

京都市電クイズ〜

2月1日は京都市電開業記念日。明治28年、日本初の路面電車が走りだした日とのこと。
そう言えば幼少の頃、京都駅に降り立ったら市電(普通にチンチン電車と言ってたなぁ)が、あっちからこっちからやって来て、あっちやこっちへ走ってた記憶もあるぞ。
原チャリで京都市内まで遊びに行き、五条通りの軌道敷で滑って転んだのも懐かしい記憶。

昭和53年まで走ってたと言うから、さて何年間走ってたのかな?
てか、そんな設問じゃなく、新聞に載ってたクイズがちょいと面白かったのでココに掲載。

問1 京都で日本初の電車が誕生したとき、車両を運転する人の呼び方がまだありませんでし
   た。さて、最初はなんと言ったでしょうか。

問2 チンチン電車の通称は、発車のときに鈴を2回鳴らしたことからです。停車のときは1回、
   ポールが外れたら3回。では創業当初4回は何の合図だったでしょうか。

問3 チンチン電車が初めて走り出した頃、毎月1日と15日は運休日でした。
   のどかな時代らしいその理由は何だったでしょうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


答えはコマーシャルの後(笑)じゃなく、一気に書いていきまっしょい!

1の答えは、日本最初の電車とあって「運転手」という呼び方もなく、初めは「技師」、次に「技手」と呼ばれていました。普通の答えだなこりゃ。
2は、自動車が走ってない路面を悠然と走るチンチン電車で、鈴4回鳴らしは「キレイな人がいるぞ!」という運転士から車掌への合図だったとか。てか、気持ちは分かる(笑)

3というと、琵琶湖疎水の水力発電で走ってたので、疎水の藻を刈る1日と15日は電車も運休するという、のどかな時代でした。藻を刈る・・・儲かる?(爆)

しかし2の答えは驚くと同時に微笑ましいですね、きれいな人がいたら4回て。ワタシが運転士なら鈴は鳴りっぱなし? てか、前見て運転しなはれ!てなもんですな(笑)







posted by じぇいすむ at 07:05| 京都 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

清水の舞台から飛び降りたので

0113001.JPG


ええ歳したおっさんが、キラキラと目を輝かせて鉄撮りに興じる。しかもKTR専門に。
そんな変態にいつからなっちまったのか分からんが、とにかくドップリはまってる。

するってぇとお前さん、どんどん機材が欲しくなってくるった訳でさぁ。

暗くて深いレンズ沼もそうだけど、カメラ沼も負けちゃおらん。よせばいいのにヤフオクでついポチッとしてしまったのが一番奥に控える「1DMarkU君」
その一つ手前のは今までの愛機「5DMarkUさま」 一番手前が今回うちに嫁入りの「7D」

つい最近まで通勤とタンゴ方面への足だった愛車が売れちゃってね。それなりのお金が転がり込んできたもんで、ええいっ!いっちゃえっ!と今回の7D導入になった訳です。
飲み代に使っちゃえば跡形なく飛んでっちゃうし、なにかしら形に残る方がいいと思って。
電化製品やパソコンなどは、後になるほど良いって聞きますが、デジカメも同じですな、まったくストレスなしにバンバカ撮れますよ、当たり前なんでしょうけども。

動く物に適した7Dに対してじっくり撮りの5D、この2台体制で充分なんで1Dさんには旅立ってもらおうって考えてます。レンズ購入資金になりますし。ぐふふ♪←やっぱ変態だわ(笑)

posted by じぇいすむ at 08:03| 京都 ☁| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

あちこち鉄ネタですいません

0108002.JPG


ワタシのもう一つのブログ、KTRの写真で綴った「北近畿タンゴ鉄道写真館」をご覧頂いてる方はご存知と思われますが、えらいことになってきましてね。
と言うのも我々写真で応援すべくのブログ&サイトが一躍脚光を浴びることになったんです。
(我々と、複数形ってのも理由があり、ワタシとmakoさんって方の“丹後鉄景”なんです)

先日、KTRを応援する方々との「意見交流会」に参加させてもらったんですね。

廃止って3文字も一部で囁かれる中、なんとしてもこの自然豊かな丹後を走るKTRを残そうって、それはそれは熱いハートの面々たちの中へ放り込まれた格好のワタシとmako氏、喋るよりこうして書くほうが性にあってるワタシを尻目にKTR愛を由良川の川面のように穏やかに、時として激しく語るmako氏に恐れをなしながら聞き入ってました。
そんな喋るのも撮るのも得意なmako氏とワタシの写真が、この春から一新されるであろうKTRの公式ウェブサイトのトップページに貼り付けられるよう形になったんですよ。

まぁ写真で応援!って事から言うと、当面の目的は達成できたのでは?とは思ったりしますが、なんせ拙い写真ゆえに、こんなので良いの?とも。

これは!って写真は日当たり良好のが多いですが、ワタシは日陰の女よろしく陰ながら応援するスタンスでこの先も行きます。
撮ってナンボってこともあるし、年末に新調したカメラも活躍する場が与えられたってことは、先行投資も間違いじゃなかったことでしょ?・・・訊くところじゃないと思いますが(笑)

posted by じぇいすむ at 20:16| 京都 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

今日から仕事

何時まで休んどんじゃいっ!との電話も頂戴した昨日、明日6日から仕事ですと返答におおわらわ、世間様より1日〜2日多かった休みもこれにて終了。さぁ仕事すっか。

まーこれが家のことなどサッパリしない、とんでもない不良爺だったですが、泊りがけで娘ん宅行ったきりで、すべて丹後方面出撃。
こんなんでいいの?と思ったりするが、嫁さんと休みが重ならないのなら構わん!とね。

年末にえいや!と買った自分へのクリスマスプレゼントのカメラを片手に携えて遊び倒した正月休み、その疲れを取る為にもがんばって仕事に精を出しましょか。
てか、仕事の疲れを取る為に休日があると思うんだが・・・(笑)

よっこらしょっと。。それじゃぁ行ってきます!

0105002.JPG


posted by じぇいすむ at 08:35| 京都 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

謹賀新年

1231006.JPG


明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
今年も変わらず、ワタシとココ“じぇいすむのつぶやき”をよろしくお願いします。
(なんちゅう新年の挨拶なんだ!:笑)


中学校1年生だったと記憶してるんだが、校舎の屋上にて写生する授業がありましてね。
当時、銭湯の高い煙突があって、その煙突を画面右側に持ってきて、空を大きく描いた絵を描いたら、美術のセンセにちょいと褒められたりなんかして、けっこう有頂天(笑)
多分、その記憶が鮮明に残ってるんでしょう、沿線などで撮るときも空が大きく入って。

しかも“空の写真展”なるものにも参加させてもらってるでしょ、何気に空が好きなんじゃ?って思ったりしますが、でも良いと思いませんか?空が大きく写ってる写真って。

そんな訳で昨日、大晦日のタンゴの空です。どうかするとこうした列車写真で終始するとは思いますが、今年一年、またよろしくお願いいたします。
posted by じぇいすむ at 07:05| 京都 ☁| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

今年もお世話になりました

1223010.JPG


間もなく終わろうとしてる2011年ですが、今年ほど激動の年はなかったんじゃないかな?
ご存知の方も多いと思いますが、我が社は車屋と不動産部門の二つからなる会社なんです。
車屋のほうもフラフラでしたが、この不動産部。こちらが足を引っ張る引っ張る。
詳しくは恥な部分もあったりするので割愛しますが、結局共倒れの危機に瀕してるんですね。

文字通り路頭に迷う可能性もなくもなく、さてこの先どうすりゃいいのさ思案橋状態。

今の会社を立ち上げた社長ってのは、それはそれで「やり手」だとは思うんですが、さすがに業績が落ちてきた今、随分と評判が悪くなってですね、お客さんらの口々に「あのおっさんを儲けさすんは無理、お前が車屋やれ」との声に揺れ動いてますの。
つまりは今の会社は辞めて、同じ場所で新たに車屋「岡本自動車商会」を立ち上げようかなって考えてますの。現地主との交渉も始まってますし、少なからずお客さんも後押ししてくれてるし。

まぁそうなりゃなったで色々問題もあろうと思うし、果たして上手くいくか分かりませんけど、少なくとも今以上のどん底はなかろうと、ある意味開き直ったりもしてるんですよ。

ま、そんなことは一時忘れて、乗り鉄撮り鉄、そして呑み鉄にしましょうか、お正月は。
posted by じぇいすむ at 10:01| 京都 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。